2014年06月

2014年06月26日

感謝!

        マッサージ師の高柳です

 かなでに来て早いもので一年と8か月経ちますが今感謝したいことがあります。

それはかなでに来る御利用者様に私が癒やされてるということです。

もちろん私の主な仕事であるマッサージや機能訓練を行いご利用者様を癒やすことで

少しでも笑顔をもっと笑顔になってもらおうと仕事に精を出していますが、すべてが

うまくいくわけではありません。プライベートでも色々ストレスが溜まります。

ストレス解消でカラオケにも行きますが、癒やされている感覚はありませんでした。

そこで最近気付いたのが、というか感じたのがご利用者様とのたわいもない世間話や

少し下ネタの入った話で笑顔になるご利用者様のまさにその笑顔に私が癒やされてると

ヒシヒシ感じます。ご利用者様をいじるのは申し訳ないと思いつつも、いじったときご利用者様から

出てくる笑顔と笑い声に癒やされそして元気を与えてくれるそんなご利用者様に

感謝!と心から言いたいです。thank-you
 
これからもたくさん笑顔になってもらえるよう頑張ります。




                                     高柳  直仁


                                                  

ds_kanade at 18:46|PermalinkComments(0)mixiチェック

2014年06月12日

ブログ・・・

いよいよ梅雨入りし、ジメジメすっきりしない天気が続いていますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

そんな中、かなで畑の野菜たちはすくすく育っています
先日は、ご利用者さんにタマネギの収穫をお手伝いして頂きました


最近の私はというと・・・・・
いろんな方のブログをお邪魔することにはまっています。
職業柄、、、闘病記が多いのですが、本当にいろいろ考えさせられます
御本人の気持ち、家族に対するいろんな思いが交錯して・・・
読むのに夢中になり、気がつくと夜中の2時・・・なんて日が続いています

ふと、私はなんで看護師になろうと思ったんだろう。
と考えてしまいました、、、でも理由が思いつきませんでした

そんな私が看護学生のときに、ひとりの頑固なおじいちゃんに出会いました。
癌が進行した方でした。
口数が少ない中、『家に帰りたい』と、はっきりお話されました。
今とは違い、在宅への支援はまだそれほど整えられていない時でした。
とても帰れる状態ではありませんでしたが、なんとか数時間帰宅され、その数日後お亡くなりになられました。

すごく衝撃を受けたのを覚えています。
でも私の看護師として心が目覚めたのも、そのときだったと思います
死というもの・・・
生きるということ・・・
家に帰るということ・・・
すごく考えさせられました。今も答えは分かりません。

でも幸せな事に、私は今も看護師として働かせて頂けます。
現在は在宅への環境も整いつつあります。
デイサービスの職員の一員として、
ご利用者さん、そのご家族の在宅生活を支えるお役目が少しでも出来れば・・・

そんな思いを込め、今日も元気に笑っていたいと思います


                                      鈴木 ゆうこでした





ds_kanade at 09:04|PermalinkComments(2)mixiチェック